基準値超のレジオネラ菌検出長野の温湯温泉市民センターで=長野

2003/06/04の東京読売新聞 朝刊によると、長野県長野市の市開発公社が運営する「温湯(ぬるゆ)温泉市民センター」(長野市若穂綿内)で、国の基準値を上回るレジオネラ属菌が検出されたことが明らかになった。市開発公社が先月26日に実施した定期検査で、男湯と女湯の循環式(一部かけ流し式)の浴槽から、それぞれ最大で国の基準値の4倍に当たるレジオネラ属菌が検出された。 このため市は4日、浴槽の再検査を行うとともに、同日から同センターの営業を約10日間休止し、詳しい原因を調査する。

記事掲載誌   掲載日 2003年6月4日 記事番号 111