南陽市ハイジアパーク南陽の02年度事業報告売上額が前期比6.9%減

2003/06/05の山形新聞 朝刊によると、山形県南陽市の第3セクター・ハイジアパーク南陽の2002年度の事業報告書がまとまった。報告書によると、ハイジアビーチは好天に恵まれ、入館者数は前年度より11.2%増加して2万517人、売上金額も1、271万円と10.9%増えた。一方、本館の入館者数は13万6100人で前年度比6.3%減少した。ハイジアビーチと本館を合わせた売上金額は2億7、519万円で、前年度比6.9%減となった。 売上高減少の原因として、夜間入館者が前年度比で88.2%、各種パックも75.9%とそれぞれ大きく後退した。 2003年度は課題として、回数券、会員券の販売による固定客の確保とパック商品の販売を第一に、夜間入館と食事をセットにした入館セットメニュー券、生ビール回数券の販売促進に努め、魅力あるイベントを企画していく方針だ。

記事掲載誌   掲載日 2003年6月5日 記事番号 109