新潟市施設のレジオネラ菌温泉から最大710倍検出=新潟

2003/06/05の東京読売新聞 朝刊によると、新潟県新潟市は4日、市営宿泊施設「新潟市山の家」(津川町清川)の温泉施設から、最大で厚生労働省が定める基準値の710倍ものレジオネラ属菌が検出されたことを明らかにした。 山の家では先月にも、配管内水から基準値の最大60倍のレジオネラ属菌が検出されており、市は再検査の実施や防止策を協議後、7月中旬に営業を再開したい考えだ。

記事掲載誌   掲載日 2003年6月5日 記事番号 108