第3セクター温泉の経営診断、外部依頼へ日向市、結果を公表/宮崎

2003/06/11の 朝日新聞 朝刊によると、宮崎県日向市の山本孫春市長は10日、第3セクター「日向サンパーク温泉」の経営診断を公認会計士に依頼する意向を明らかにし、結果は市民に公表するという。市議会で、岩切裕氏(市民連合)の一般質問に答えた。 市によると、温泉には今秋の再開後、1日あたり383人(03年度)の入館者があると見込んでいる。入館料500円(大人)のほか、館内での発泡酒販売やレストランの営業で客単価は900円前後を予想している。 レジオネラ属菌感染事故の再発防止策について、山本市長は「自分たちの行動が社会問題化することがないか、(市の)職員一人ひとりが危機意識を持つことが重要。失われた信頼の回復に全力を挙げる」と述べたという。

記事掲載誌   掲載日 2003年6月11日 記事番号 107