箱根小涌園ユネッサン、細菌対策徹底、新装置を導入。

2003/06/12 の日経流通新聞によると、神奈川県箱根町の藤田観光は温浴施設の箱根小涌園ユネッサンで、2億円を投じてレジオネラ属菌対策を徹底するという。従来の塩素殺菌よりも殺菌効果が高いとされる最新の浄化装置「MIOX(マイオックス)」を4機導入し、稼働を始めた。夏の行楽シーズンを前に、利用者に安心感を持ってもらい客数を確保することが狙いだ。 箱根小涌園ユネッサンは102の温泉施設を持つ「温泉テーマパーク」で、2002年の年間入場者数は約133万人。2億円の投資は2001年1月の開業以来最大となる。

記事掲載誌   掲載日 2003年6月12日 記事番号 105