営業再開湯船での〜んびり*川湯福祉の湯*レジオネラ菌もう問題なし

2003/07/03の北海道新聞朝刊地方によると、今年2月に基準値を超えるレジオネラ属菌が浴槽で検出され、休業していた町営温泉「川湯福祉の湯」が、1日から営業を再開したという。 町が施設を点検、清掃した結果、新たにレジオネラ属菌が検出されることがなかったため、泉源や施設の構造には問題がないものと判断しての再開だ。 町によると、再開初日の1日は休業前と同様の50人以上が入浴したという。

記事掲載誌   掲載日 2003年7月3日 記事番号 90