ヨネッツこうちの温浴プールでレジオネラ属菌、基準の4倍/高知

2003/08/02の朝日新聞 朝刊によると、高知県高知市は1日、市が運営する同市長浜の健康増進施設「ヨネッツこうち」で、国の基準の4倍のレジオネラ属菌が検出されたと発表したという。健康被害の報告はないという。市は同日、消毒や再検査などの対策が完了するまでの約1週間、菌が検出された温浴プール(打たせ湯やジャグジーなど)の使用を中止した。浴場や25メートルの温水プールからは検出されず、これらの利用は継続するという。 同プールは水をろ過しながら循環して使っており、ろ過装置を週に2回洗っている。今後はこの洗浄回数を増やし、現在年に1度の検査についても、回数を増やす方向で検討するという。ヨネッツこうちは昨年6月1日にオープンし、1年間で約12万人の利用があったという。

記事掲載誌   掲載日 2003年9月2日 記事番号 74