◎宮崎県/日向市のレジオネラ集団感染から1年責任問題“先送り”のまま市民に高まる不満9月議会市長の進退に注目

2003/08/16の西日本新聞 朝刊によると、昨年7月、宮崎県日向市の第3セクター・日向サンパーク温泉「お舟出の湯」で起きたレジオネラ属菌集団感染は、感染者(疑い含む)295人、死亡者7人という国内最悪の被害を生んだ。発生から既に1年が経過。1311人との補償が終わり、8人と交渉中だという。市は10月の営業再開に向け施設改修工事を進めているが、山本孫春市長をはじめとした関係者の責任問題は先送りされたままだという。

記事掲載誌   掲載日 2003年9月16日 記事番号 68