基準値上回るレジオネラ菌*入浴施設2900ケ所で*厚労省調査*道内でも74ケ所

2003/08/18の北海道新聞 朝刊全道によると、厚生労働省のまとめで、公衆浴場や循環式温泉など全国の入浴施設約1万7500ケ所のうち約2900ケ所でレジオネラ肺炎の原因にもなるレジオネラ属菌が国の基準を超えていたことが17日までに分かった。 全国の3000近い施設で国の基準を超える菌が検出されたことから、厚労省は警戒を強めており、水の入れ替えや清掃などをきちんと行うよう呼びかけ、既に施設側でも対応を急ぐところが出始めているようだ。

記事掲載誌   掲載日 2003年9月18日 記事番号 67