日南市長「発症者なく一安心」クアハウス再開へ意欲/宮崎

2003/09/09の朝日新聞 朝刊によると、国の基準を最大で120倍上回るレジオネラ属菌が検出された宮崎県日南市の市営多目的温泉保養館「クアハウス日南」の問題について、北川昌典市長は8日開会した市議会の全員協議会で、「幸いにも、2週間と言われる潜伏期間が過ぎ、発症者の報告がなく、一安心と言える」との考えを述べた。 また、北川市長は質疑の中で、再開を前提に「施設が老朽化しているため、再発防止のための施設の改善を行いたい」「早めの再開の希望はあるが、対策検討委員会の検討を待ち、万全を期したい」などの考えを示したという。 市は、同日、専門家を交えた対策検討委員会を設け、検討している。

記事掲載誌   掲載日 2003年9月9日 記事番号 54