旭川の高齢者施設でレジオネラ菌検出=北海道

2003/09/12の東京読売新聞 夕刊によると、北海道旭川市は12日、市の高齢者福祉施設「近文市民ふれあいセンター」(近文町)の温水プールに付属するジャグジー風呂から、レジオネラ属菌が検出されたと発表した。2日に行った定期検査で、市保健所が水質を調べたところ、11日になって国の基準の9倍の菌が確認された。市は原因と安全が確認されるまで、当面の間、ジャグジーの使用を休止するという。 一方、温水プール自体から菌は検出されなかった。市は、プールも一週間程度休止することにした。また、プール利用者で、健康状態に不安のある市民からの相談や健康調査も行う。問い合わせは市介護高齢課((電)0166-25-6457)か同センター((電)0166-55-3200)へ。

記事掲載誌   掲載日 2003年9月12日 記事番号 51