レジオネラ症の防止策を条例化県が方針/熊本

2003/09/23の 朝日新聞 朝刊によると、宮崎県日向市の第3セクター温泉施設で起きたレジオネラ属菌による集団感染問題に関連し、熊本県では22日、水質検査の徹底など、レジオネラ症に対する防止対策を条例化する方針を明らかにした。来年2月の県議会への提案に向けて来月、学識経験者などからなる検討委員会を立ち上げるという。条例案には水質や入浴施設の構造の基準、自主検査の義務づけなどが盛り込まれる。

記事掲載誌   掲載日 2003年9月23日 記事番号 43