静岡県、レジオネラ症の未然防止へ条例改正衛生基準を強化、9月議会に提出

2003/09/25の 静岡新聞社 朝刊によると、静岡県は入浴施設などでのレジオネラ症の発生を防ぐため、旅館業法と公衆浴場法の施行条例を改正するという。これまで規定がなかったレジオネラ属菌に対する営業者の衛生措置基準を追加し、発症事故の未然防止を図る。25日開会の県議会9月定例会に条例改正案を提出し、可決されれば、平成16年4月から施行することになる。 県生活衛生室は「強制力のある法的根拠をもたせることで、感染防止の徹底を図る。温泉、観光立県として、利用者に安全、安心をアピールしたい」と話しているという。

記事掲載誌   掲載日 2003年9月25日 記事番号 42