会社員がレジオネラ肺炎で死亡/千葉

2003/10/18の毎日新聞 地方版によると、千葉県健康増進課は17日、鎌ケ谷市内に住む60歳代の男性会社員がレジオネラ肺炎で死亡したと発表したという。同課では、男性会社員の家族や会社の同僚らに健康調査を行ったが、今のところ他に感染者はいないため、男性会社員への感染原因などを調べている。

記事掲載誌   掲載日 2003年10月18日 記事番号 28