サンパーク温泉、来月13日再開補償交渉は継続中日向市/宮崎

2003/10/24の朝日新聞 朝刊によると、宮崎県日向市は23日、第3セクター日向サンパーク温泉「お舟出の湯」の営業停止処分の正式解除を受けて、同温泉を11月13日に再開することを決めたという。死者7人を出したレジオネラ属菌集団感染で営業を停止してから1年3ヶ月余。一方で、医療機関にかかった被害者1318人のうち、8人との補償交渉はまだ終わっていない。山本孫春市長は「最後の一人まで誠意を持ってのぞみたい。信頼回復や再開後の経営も容易ではないと覚悟している」と話した。 再開に向けては、2割引きした400円の前売り券を販売するなど、社員総出で営業活動を展開し、6、7日には市民600人を体験入浴に招待する。 山本市長はまた、再開までに犠牲者の慰霊碑を建設することと、補償交渉のうち2人とは成立する見通しであることも明らかにしたという。

記事掲載誌   掲載日 2003年10月24日 記事番号 23