レジオネラ事件「お舟出の湯」再開「起訴されれば社長辞任」–日向市長/宮崎

2003/11/14の毎日新聞 地方版によると、レジオネラ症集団感染事件で営業を停止していた宮崎県日向市の日向サンパーク温泉「お舟出の湯」が再オープンした13日、社長を務める山本孫春市長が市役所で会見をし、業務上過失致死傷容疑で書類送検されていることから、起訴されれば社長を辞任する考えを明らかにした。 山本市長は責任問題について「起訴された場合は冷静に受け止め、(出処進退を)自ら潔くしたい」と述べ、社長の座を退く考えを示したが、市長については「任期いっぱい務めたい。12月議会で意思表示する」と語り、続投する意思を改めて強調したという。

記事掲載誌   掲載日 2003年11月14日 記事番号 14