クアハウス日南「年度内再開、難しい」対策委が報告書案まとめる=宮崎

2003/11/23の西部読売新聞 朝刊によると、宮崎県日南市が運営する多目的温泉保養館「クアハウス日南」でレジオネラ属菌が検出された問題で、対策検討委員会の第4回会合が21日、同市内で開かれ、報告書案がまとめられたという。 報告書案は施設設備の現状および問題点、汚染原因の推定など7項目からなる。うち、改善計画案の策定では運動浴(プール)とその他の浴槽に分け、50項目以上を細かく指示している。 会合後、島中助役は「報告書を基に市として年内には方向性を決めたい。(予算計上などを考えると)今年度中の施設の再開は難しい」と語った。委員会では一部修正を加えた後、28日に北川昌典市長に報告書を提出する。

記事掲載誌   掲載日 2003年11月23日 記事番号 12