クアハウス日南のレジオネラ属菌問題再開、年内には方向性–北川市長/宮崎

2003/12/02の毎日新聞 地方版によると、宮崎県日南市営の多目的温泉保養館「クアハウス日南」のレジオネラ属菌問題で市は1日、民間有識者らでつくる同問題対策検討委員会から提出された報告書の内容を市議会全員協議会で説明したという。 この中で北川昌典市長は、休館中の施設の再開の有無など今後の対応について「年内には方向性を出したい」と述べたという。 報告書は汚染原因や再発防止策などを示し、施設の大幅な改善も盛り込んでおり、完全実施には多額の費用を必要とすることから、市長は「費用対効果やランニングコストなども詳細に検討する」と述べた。

記事掲載誌 掲載日 2003年12月2日 記事番号 8