レジオネラ症集団感染日向市職員ら、5人を処分/宮崎

2003/12/12の 毎日新聞 地方版によると、死者7人を出した第3セクター、宮崎県日向市の日向サンパーク温泉「お舟出の湯」(社長・山本孫春市長)のレジオネラ症集団感染事件で、日向市が施設担当の職員ら5人を戒告処分などにしていたことが分かったという。10日の市議会で山本市長が明らかにした。 処分は今年6月3日付で、「安全管理などの注意義務を怠った」として商業観光課職員2人を戒告、建設課職員3人を訓告処分とした。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2003年12月12日 記事番号 2