レジオネラ検出で入浴営業を休止、横手の市営温泉施設−秋田県

2019/06/25付の朝日新聞によると、横手市の市営温泉施設「ゆとりおん大雄」の浴槽から基準を超えるレジオネラ菌が検出され、入浴営業を21日午後から休止していることがわかった。横手保健所の年1回の立ち入り検査で、男湯にあるふたつの浴槽で基準値を超える結果が判明した。市は不検出となるまで、入浴を休止する。
記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2019年6月25日 記事番号 1458