基準超すレジオネラ菌−千葉県

2019/06/22付の東京読売新聞によると、習志野市は21日、高齢者福祉センター「芙蓉園」の男性浴場から基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。 市高齢者支援課によると、指定管理者の社会福祉法人が2か月に1回実施している水質検査で判明した。同園は男性浴場の利用を当面停止し、配管などを消毒するという。
記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2019年6月22日 記事番号 1457