最上の施設からレジオネラ属菌基準値の最大170倍-山形県

2019/02/23付の東京読売新聞によると、最上町は21日、医療・福祉・保健の複合施設「ウェルネスプラザ」にある5施設の浴槽から、最大で基準値の170倍のレジオネラ属菌が検出されたと発表した。  検出されたのは高齢者総合福祉センター、町立最上病院、高齢者生活福祉センター陽だまりの家、介護老人保健施設やすらぎ、グループホームやすらぎの家の浴槽12か所。県理化学分析センターが5日に水質検査を行い、170~11倍のレジオネラ属菌の検出が19日に判明したという。
記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2019年2月23日 記事番号 1434