南魚沼市の温泉施設でレジオネラ属菌など基準超-新潟県

2019/02/23付の朝日新聞によると、南魚沼市は22日、島新田の日帰り温泉施設「金城の里」で基準を超えるレジオネラ属菌と大腸菌群が検出されたと発表した。施設は同日から休館した。市によると、利用者から「臭いがする」と連絡を受けた保健所の指示で水質検査を実施したところ、基準超過が判明。施設は市が設置し、指定管理者が運営している。
記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2019年2月23日 記事番号 1433