日高町立介護施設の浴槽でレジオネラ菌検出-北海道

2018/12/13付の北海道新聞(苫小牧・日高)によると、日高町町議会12月会議が12日開会し、大鷹千秋町長は行政報告で、町立介護老人保健施設「門別愛生苑」の浴槽の水からレジオネラ菌が検出され、11月9日から使用を停止していたと報告した。町によると胆振東部地震の後に交換したろ過装置の不具合が原因とみられ、2回の水質検査を経て菌が検出されなかったことから今月11日に使用を再開したという。
記事掲載誌 北海道新聞 掲載日 2018年12月13日 記事番号 1423