南アの温泉施設で基準超レジオネラ菌-山梨県

2018/11/22付の東京読売新聞によると、南アルプス市は20日、鏡中條の温泉施設「さくらの里いこいの家」の浴槽から基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。 市によると、今月4日に施設を利用した県外客がレジオネラ菌が原因とみられる肺炎を発症。中北保健所峡北支所が調査したところ、16日に菌の検出が判明した。市は「施設の利用が肺炎発症につながったかは不明」としている。
記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2018年11月22日 記事番号 1419