諏訪の福祉施設でレジオネラ菌検出-長野県

2018/10/30付の信濃毎日新聞によると、諏訪市は29日、市デイサービスセンター湯の里(同市四賀)の女性浴槽で、国基準を上回るレジオネラ菌を検出したと発表した。指定管理者の市社会福祉協議会によると、26日に定期検査の結果で判明し、27日から浴槽の利用を休止した。現時点で健康被害の報告は無いという。30日の再検査で基準値を下回れば、浴槽の利用を再開する。
記事掲載誌 信濃毎日新聞 掲載日 2018年10月30日 記事番号 1414