みはらし温泉:基準超のレジオネラ菌、再休業-広島県

2018/10/27付の毎日新聞地方版によると、みはらし温泉の日帰り入浴施設(三原市須波ハイツ1)を運営する森川観光は26日、低温浴槽から基準をわずかに上回るレジオネラ菌を検出したとして同日から施設の営業を休止した。 施設では死者1人を含む約60人のレジオネラ症集団感染が発生して営業停止命令を受け、今年4月20日、約1年ぶりに営業を再開していた。森川観光によると、10月15日に施設内7カ所のうち、低温浴槽から菌を検出した。感染経路は不明。集団感染を起こした菌との関連はないとみている。
記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2018年10月27日 記事番号 1412