市高齢者施設でレジオネラ菌-宮崎県

2018/09/29付の西部読売新聞によると、宮崎市は28日、市の高齢者交流施設「古城老人いこいの家」の男性浴室から、市の基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。 市長寿支援課によると、指定管理者の社会福祉法人が年1回実施している定期検査で同日に判明した。原因が特定できておらず、女性浴室とともに利用を中止した。
記事掲載誌 西部読売新聞 掲載日 2018年9月29日 記事番号 1407