浜村温泉でレジオネラ属菌検出-鳥取県

2018/09/21付の朝日新聞によると、鳥取市は19日、気高町の浜村温泉で、国の基準値を超えるレジオネラ属菌を検出したと発表した。市によると18日の定期検査で、浜村地区の一般住宅やデイサービス施設27戸に温泉を供給する集中管理第2送湯ポンプ場(グレースタウン配湯所)で菌を検出、供給を取りやめた。原因は不明で、市が配管の清掃や消毒、再検査をするが、供給再開まで3週間ほどかかる見込みだという。
記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2018年9月21日 記事番号 1405