老人福祉センターでレジオネラ菌を検出-北海道

2018/07/31付の北海道新聞(函館・渡島・桧山) によると、函館市湯川老人福祉センターは、自主検査で基準値を超えるレジオネラ菌を検出したため、25日から浴室の使用を休止している。 市地域福祉課によると、年1回の検査で貯湯槽から基準値の5倍の菌を検出した。原因は特定できておらず、清掃と消毒を実施した後に再検査を行い、結果は8月上旬に出る見通しだという。
記事掲載誌 北海道新聞(函館・渡島・桧山) 掲載日 2018年7月31日 記事番号 1395