レジオネラ菌がまた基準値超え 浜田の宿泊施設-島根県

2018/05/17付の中国新聞によると、浜田市は16日、弥栄町の宿泊施設「ふるさと体験村」の女性大浴場から基準値の6倍を超すレジオネラ菌が検出されたと発表、17日から営業を中止する。 体験村でレジオネラ菌が検出されるのは2012年9月、昨年3月、6月に次いで4回目。浴場は煙突の故障で2月下旬から休業しており、4月28日に営業を再開したばかりだったという。
記事掲載誌 中国新聞 掲載日 2018年5月17日 記事番号 1380