安芸市の温泉施設レジオネラ菌検出、安全確認で休業-高知県

2018/03/16付の高知新聞によると、安芸市は15日、市健康ふれあいセンター内にある温泉施設「元気風呂」の浴槽水から国の基準値をわずかに超えるレジオネラ菌を検出したと発表した。 検出されたのは、2月の定期検査で採取した女性用の浴槽水で、今月12日に結果が判明した。 ろ過装置の配管部分に原因があるとみて、市は薬品洗浄の準備を進めているという。
記事掲載誌 高知新聞 掲載日 2018年3月16日 記事番号 1373