レジオネラ菌に感染した八千代の男性死亡-千葉県

2018/02/15付の朝日新聞によると、県は14日、八千代市の会社員男性(56)がレジオネラ菌に感染し、肺炎で死亡したと発表した。県疾病対策課によると、男性は9日に市内の医療機関を受診。レジオネラ症と診断されて入院し、11日に死亡した。感染経路は特定できていないという。
記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2018年2月15日 記事番号 1369