道後の足湯からレジオネラ菌、広場「放生園」-愛媛県

2018/02/02付の大阪読売新聞によると、松山市は1日、道後温泉駅近くの広場「放生園」の足湯から、公衆浴場の基準を超えるレジオネラ菌を検出したと発表した。1月31日午後に湯を抜き、消毒を実施。再検査で水質に問題がなければ再開する。 足湯に備わっている塩素消毒の装置に異常はなく、毎日営業終了後に清掃も行っていたという。
記事掲載誌 大阪読売新聞 掲載日 2018年2月2日 記事番号 1368