レジオネラ菌に感染、バス運転手2人入院-北海道

2018/01/24付の北海道新聞によると、北海道拓殖バス(十勝管内音更町)の運転手2人が1月上旬、相次いでレジオネラ菌に感染し、帯広市内の医療機関に入院していることが23日、分かった。現在も治療中で同社や帯広保健所は感染源などを調査している。 2人は肺炎症状を示し、医療機関でレジオネラ菌が検出された。保健所の調査ではバスの洗車に使っていた同社のアーチ型自動洗車機からレジオネラ菌が検出され、洗車機の使用を中止したという。
記事掲載誌 北海道新聞 掲載日 2018年1月24日 記事番号 1364