合志市の入浴施設でレジオネラ菌検出、市福祉センター「みどり館」-熊本県

2018/01/20付の熊本日日新聞によると、合志市は19日、市福祉センター「みどり館」の入浴施設で、県の基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。現在、入浴施設の営業を自粛している。市によると、今月10日の水質検査で浴槽3つのうち女湯の浴槽から基準値を上回る12個体を検出したことが18日に判明、市は同日、使用を中止し、菊池保健所に報告した。
記事掲載誌 熊本日日新聞 掲載日 2018年1月20日 記事番号 1363