レジオネラ菌3人感染1人が死亡、加湿器から広がる 国東の施設-大分県

2018/01/20付の毎日新聞地方版によると、県は19日、国東市の高齢者施設で男性入所者3人がレジオネラ菌による肺炎を発症、うち1人が死亡したと発表した。発症者の室内にあった加湿器2台から高濃度の菌が検出され、加湿器が集団感染の原因とみて管理に注意するよう呼びかけている。 県によると、加湿器を調べたところ100mlあたり22万個のレジオネラ菌を検出した。加湿器の水に菌の基準はないが、入浴は同10個までとの基準があり、高濃度に汚染されていたといえる。
記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2018年1月20日 記事番号 1362