老人福祉施設でレジオネラ菌と大腸菌-島根県

2017/11/03付の朝日新聞によると、吉賀町は2日、町老人福祉センター「はとの湯荘」の入浴施設から基準値を上回るレジオネラ菌と大腸菌群が検出されたと発表した。 先月24日に採水した定期水質検査で分かり、施設の温泉部門の営業を2日から自粛している。 今後は原因究明と対策を実施し、安全が確認されるまで再開しないという。
記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2017年11月3日 記事番号 1350