大田の市営老人福祉施設でレジオネラ菌-島根県

2017/08/10付の朝日新聞によると、大田市は9日、仁摩町の市営施設「仁摩老人福祉センターびしゃもん」の温泉浴場から基準を上回るレジオネラ菌が検出されたと発表した。3日から浴場の使用を停止している。市介護保険課によると、7月13日に男子浴槽の水質検査で基準値の2倍の菌が検出された。今後清掃を実施し、菌が基準値を超えないことを確認した段階で営業を再開するという。  
記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2017年8月10日 記事番号 01328