温浴施設レジオネラ菌-千葉県

2017/07/08付の東京読売新聞によると、船橋市は7日、北部清掃工場の余熱を利用した温浴施設「ふなばしメグスパ」の大浴場から、基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。大浴場とサウナ、露天風呂の利用を5日夕から停止している。同施設では週1回、塩素による配管消毒を行っているが、今後は塩素の濃度を引き上げるという。
記事掲載誌 千葉新聞 掲載日 2017年7月8日 記事番号 01317