ユップラで基準超のレジオネラ菌検出、大館市入浴施設休止-秋田県

2017/06/21付の秋田魁新報によると、大館市は20日、同市岩瀬の「たしろ温泉ユップラ」の浴場から、国の基準を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。市は17日から入浴施設を休止している。 市によると、浴場二つのうち一つの浴場のお湯を6日に採取、16日に民間の検査機関から検査結果について、沸かし湯の浴槽で基準値の390倍、温泉の浴槽で58倍の菌が検出されたと報告された。市は配管とろ過器、施設内の消毒、洗浄を行っているという。
記事掲載誌 鳥取新聞 掲載日 2017年6月21日 記事番号 01316