新富の温泉施設レジオネラ検出/健康被害報告なし-宮崎県者が利用-長崎県

2017/05/31付の宮崎日日新聞によると、 新富町三納代の町温泉健康センター「サン・ルピナス」の男性用露天風呂から、微量のレジオネラ属菌が検出されたことが30日までに分かった。町によると、検査結果は25日に判明。菌は県の公表基準の10分の1だった。同センターは同日午後6時から臨時休業し、菌を検出したことを施設内に掲示するとともに浴槽などの洗浄、殺菌作業を実施するという。
記事掲載誌 宮崎新聞 掲載日 2017年5月31日 記事番号 01310