西条・2地域交流センター基準超レジオネラ菌-愛媛県

2017/05/25付の愛媛新聞によると、西条市は24日、東予北地域交流センターと西条西部地域交流センターの浴槽から基準値を超えるレジオネラ属菌が検出され、同日朝から浴場の営業を休止したと発表した。 4月下旬に市有施設「本谷温泉館」で基準値の9倍のレジオネラ属菌が検出されたことを受け、市有の浴場・プール計9カ所を調査した。両センターでは水質基準を超える10CFUを検出、浴槽や配管などを洗浄し、再検査で問題がなければ営業を再開するという。
記事掲載誌 愛媛新聞 掲載日 2017年5月25日 記事番号 01308