当院における尿中レジオネラ抗原陽性25例の検討

当院における尿中レジオネラ抗原陽性症例の臨床像を明らかにする。

2007年7月から2016年5月の間に尿中レジオネラ抗原陽性であった25例について患者背景、検査データ転帰などについて検討した。
男性19例、女性6例、平均年齢は71才であった。尿中抗原陽性25例の内、レジオネラ肺炎と診断された症例は20例であった。そのうち、男性14例、女性6例、基礎疾患として、糖尿病を6例、COPDを1例を認めた。入院時の合併症として、肝機能障害13例、CK上昇12例、低ナトリウム血症2例、神経症状を有するものが、8例であった。入院時のA-DROPでは、神経症状を有するものが8例であった。入院時のA-DROPでは、軽症(0点)7例、中等症(1-2点)3例、重症(3点)5例、超重症(4-5点)5例、SOFAscoreの平均値は3.5(1-7点)であった。症状出現から、抗レジオネラ薬開始まで平均4.25日で人工呼吸器管理は1例、死亡例は1例であった。

レジオネラ肺炎では肝障害・CK上昇、神経症状といった合併症を初診時に高率に合併していた。

 


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事