LAMP法により診断し得たレジオネラ肺炎の1例

76歳男性。発熱全身倦怠感。入院2日前より前進倦怠感出現。入院の朝から悪寒戦慄が出現。38.8℃の発熱・呼吸困難および下肢の脱力感も出現。治療後速やかに改善し、それに伴い呼吸状態も安定した。入院後の喀痰検査でLAMP法を行ったところ、レジオネラ遺伝子が検出された。尿中抗原では血清群1以外のレジオネラに関しては検出感度が低い。レジオネラ肺炎を疑った場合にはLAMP法による喀痰検査の追加が有用であると思われた。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事