サイクロン式エアサンプラーと定量PCRによる空気中のレジオネラ属菌の検出

 

2015年の夏、ニューヨークで冷却塔を感染源とするレジオネラ症の集団感染が発生し、患者数は133名、うち16名が死亡した。

レジオネラ症はレジオネラ属菌を原因微生物とする呼吸器感染症で、人が呼吸によりレジオネラ属菌を吸引することで感染する。レジオネラ症を防止するためには人口環境水中のレジオネラ属菌の増殖を抑制し、冷却塔や浴槽等設備等から発生するエアロゾル中にレジオネラ属菌を含まないように管理する必要がある。

冷却塔から飛散するエアロゾルを含む、空気中のレジオネラ属菌生息調査方法として、液体サイクロン式のエアサンプラーを用いてレジオネラ属菌を補修し、定量PCR法で検出する方法がある。これは、捕集口から空気を吸引し、空気中の微生物等の粒子を遠心力により空気から分離して液中に捕集する。この方法の場合、捕集した微生物の検出方法に制限がなく、目的に応じて培養法や遺伝子検出法を選択できる。液体サイクロン式のエアサンプラーと定量PCR法の組み合わせは、空気中のレジオネラ属菌遺伝子を迅速に検出でき、汚染調査のためのスクリーニング方法として有用である。

国立感染症研究所感染症疫学センターの報告によるとレジオネラ症の患者発生のピークは7月である。我が国ではレジオネラ症の感染源の報告は浴槽が主であるが、夏場に感染者が増加することと冷却塔の稼働率およびレジオネラ属菌の検出率が上昇する事との関連があるため、今後冷却塔からのレジオネラ属菌の飛散実態を明らかにする必要がある。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事