レジオネラ肺炎マウスモデルにおけるIL-17AとIL-17Fの機能的・代償的役割

インターロイキン-17(IL-17)は幾つかの細菌感染モデルの宿主防御に関与することが
示されている。今回はレジオネラ肺炎マウスモデルにおけるIL-17Fの機能的・代償的な
役割についての検討を行った。野生型マウスと比較し、IL-17A欠損マウスでは感染後の
肺内のIL-17F発現及びIL-17F産生細胞数が有意に高まっていた。一方で、肺内の好中球
数については野生型マウスとIF-17A欠損マウスの間で差を認めなかった。
Legionella pneumophilaマウス肺炎モデルにおいてIL-17Fは宿主防御に重要な役割を持
ち、IL-17Aと代償的な関係にある可能性が示唆された。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事