LAMP法によるマイコプラズマおよびレジオネラ属検出能の臨床的評価

2010年5月に保険適用された遺伝子増幅法の一種であるLAMP法の有用性について検討した。マイコプラズマに関しては、抗体価検査との比較において全体一致率は80%前後を示し、PCR法との比較では90%以上の全体一致率を示した。Legionella spp.に関しては、尿中抗原陽性は2例あり、このうち1例がLAMP法でも陽性を示した。LAMP法は、尿中抗原と比較し、多くの血清型を検出可能な利点がある。LAMP法は材料採取から検査判定まで2時間程度と比較的短時間で行う事が可能であり、マイコプラズマ肺炎及びレジオネラ肺炎の診断において有用な検査法であるといえる。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事