Legionella pneumophia 結成群13によるレジオネラ肺炎の1例

60歳男性。重症市中肺炎として、AZM+MEPMで治療を行った。一時は呼吸不全が進行して非侵襲的陽圧歓喜療法も併用したが、数日で改善して解熱傾向となった。診断的には尿中レジオネラ抗原は陰性であったが、喀痰培養でLegionella pneumophiaのコロニーが得られた。新潟県保健環境科学研究所での検査での検査により血清群13と判定された。国立感染症研究所で施工された、Sequence-based-typing(SBT)法による遺伝子型の解析により、新規遺伝子型の株であることが示された。AZMに関してはレジオネラ肺炎の治療にキノロン系と同等の治療効果が得られた報告もあり、免疫学的効果も期待しての使用も考慮される。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事