レジオネラ症に男性1人が感染、川越の入浴施設-埼玉県

2017/05/11付の 毎日新聞地方版によると、川越市保健所は9日、同市のスポーツ施設「なぐわし公園PiKOA」の入浴施設を利用した男性1人がレジオネラ症に感染して東京都内の病院に入院したと発表した。8日夕から入浴施設の営業を自粛している。 川越市保健所によると、感染した市内の男性は4月中旬に入浴施設を利用した後に、発熱や肺炎などの症状を訴えた。都から連絡を受けて5月2日に入浴施設を検査したところ、10カ所の浴槽のうち4カ所から国の基準を超えるレジオネラ菌が検出された。同施設では循環式の浴槽を使っており、2015年8月にも国の基準を超えるレジオネラ菌が検出され営業を2週間自粛したという。
記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2017年5月11日 記事番号 01306